JR仙台病院

022-266-9671

022-266-9671

地図

平日受付時間 9:00~16:00
休診日:土・日・祝祭日・年末年始

〒980-0022 宮城県仙台市青葉区五橋1丁目1-5

文字サイズ

背景色

DPCデータに基づく病院情報の公表

平成29年度 JR仙台 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 150 38 45 77 149 313 457 559 443 143

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 35 2 2.07 40.31
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 32.30 17.71 86.09
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 20.32 20.83 87.27
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 13 18.69 12.34 66.15
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 重症度85歳未満 10 19.60 14.27 64.30

地域の医療機関との病診連携や隣接する老健からの紹介により、心不全、誤嚥性肺炎、尿路感染症といった疾患が上位を占めており、入院を繰り返しがちな高齢者が多いことが特徴です。また、糖尿病専門医の着任に伴い、2型糖尿病の教育入院も増加傾向にあります。
尚、対象はJR東日本社員に限られますが、健診で睡眠時無呼吸症候群が疑われた場合に入院での検査も行っています。


消化器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性腫瘍(良性腫瘍を含む。)内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 337 4.13 2.68 65.61
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性腫瘍(良性腫瘍を含む。)手術なし 58 2.71 3.02 73.38
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 29 7.21 5.50 3.45 57.38
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 22 14.68 8.73 67.91
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 20 8.90 7.87 55.90

当科では15名の常勤・非常勤専門医師により最新の診断システムと30本以上の専用大腸内視鏡を症例に応じて使用し、良性疾患から悪性腫瘍まで、あらゆる大腸疾患に対応できる体制で診療を進め、また研鑽を積んでおります。


循環器内科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 18.33 17.71 11.11 86.83
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし - - 23.78 - -
050210xx99000x 徐脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 8.01 - -
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病名あり 重症度A-DROPスコア2 - - 18.18 - -
050130xx9901xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり - - 19.53 - -

平日の午前・午後ともに外来診療を行なっており、胸部症状を訴えての来院や健診の二次精査など予約なしでも受診可能である。迅速に初期診断を行い、必要な場合は運動負荷試験、心臓CT検査、心筋シンチなどにて診断を確定し治療方針を決めている。当院の入院は主に心不全など保存的治療に限定されるが、東北大学病院とも連携し最善の医療を提供している。


小児科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 30 4.7 6.03 1.87
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 4.92 5.7 4.24
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 21 3.95 5.5 3.67
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)副傷病なし 17 5.24 5.94 1.18
030270xxxxxxxx 上気道炎 13 4.31 4.84 1.46

一般外来の他、専門外来として内分泌外来、食物アレルギー外来を開いています。内分泌疾患は常勤医2名とも専門分野であり県内各地から多数の御紹介をいただいています。
入院患者さんは気道感染症、胃腸炎などの感染症、気管支喘息発作などの急性疾患が大部分を占めています。
交通の便がよいことから仙台市内のみならず周辺地域のクリニックからも御紹介をいただきます。また年に8回仙台市小児科二次救急輪番にも協力をしております。気管支喘息については発作の治療とともに予防にも力を入れております。内分泌疾患では、糖尿病(1型糖尿病の初発、シックデイ、2型糖尿病の教育・検査)、肥満小児の短期教育、ホルモン負荷試験などの入院診療を行っております。


外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 221 3.01 3.20 65.63
060160x001xxxx 鼡径ヘルニア(15歳以上)ヘルニア手術 鼡径ヘルニア 27 7.52 5.15 67.93
050190xx99x0xx 肺塞栓症 手術なし 手術・処置等2なし 19 9 15.05 5.26 56.53
050180xx99xxxx 静脈・リンパ管疾患 手術なし 16 10.81 14.32 6.25 68.81
050170xx99000x 閉鎖性動脈硬化症 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 21.60 7.98 20 79.33

従来から、下肢静脈瘤に対する手術治療を年間300~600例行ってきた。全国に先駆けてレーザーやラジオ波を用いた血管内治療(焼灼術)を取り入れ臨床応用してきました。
現在、レーザー治療専門医が3名おります。下肢静脈瘤の診断、治療では、宮城県トップの実績を残しているのみならず、全国学会や、国際学会での発表、論文作成を行っており、日本トップレベルの診療を行っています。


整形外科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070290xxxxxxxx 上肢関節拘縮・強直 48 7.6 10.92 59.15
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)手術なし 副傷病なし 46 35.98 19.94 80.20
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 28 24.21 19.87 3.57 71.14
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 16 42.75 27.09 6.25 85
070230xx01xxxx 膝関節症(変形症を含む。)人工関節再置換術等 10 31.40 25.09 10 79.80

肩関節疾患については、自院と他院からの紹介患者さんにより手術症例が増えています。
脊椎骨折については外来、救急からの入院です。


皮膚科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 45 2.16 4.14 57.49
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.5 -
080180xx970xxx 母斑、母斑症 手術あり 手術・処置等1なし - - 4.04 -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.45 -
080140xxxxx0xx 炎症性角化症 手術・処置等2なし - - 16.90 -

当科は最近とみに増加傾向にある皮膚悪性・良性腫瘍の早期発見・治療に努めております。悪性黒色腫を含む悪性腫瘍や稀少疾患を含む良性腫瘍や皮下血管腫が近年の主たる対象疾患で、根治的摘出のみならず切除部位の再建についても必要に応じて植皮などの併用を実施しております。悪性疾患の摘出による生命予後の危険の回避はもちろん、良性腫瘍の積極的な切除による患者さんの QOL の改善も大事な目標の1つです。


泌尿器科


DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 58 2.31 2.73 57.6
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 34 2.06 2.67 68.32
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 17 6.59 5.75 63.35
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし 11 2.09 5.39 63
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 9 9.33 7.64 74

食事の欧米化の影響などから増加傾向にある尿路結石については、結石を残しにくい経尿道的レーザー手術を中心におこなっていましたが、2017年より体外衝撃波結石破砕装置を導入しました。患者様の結石の大きさや状態によって適切な手術を選択でき、さらに負担の少ない治療がおこなえるようになりました。
 また高齢化社会やPAS検診の普及などにより前立腺癌が増加傾向にあります。当院でも前立腺癌を診断するために行われる前立腺針生検が多く行われています。 生検は、硬膜外麻酔をおこなうことで患者さまの痛みを少なくできるよう努めています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 31 - - - - - 1 7
大腸癌 - - 14 - - - 1 7
乳癌 - - - - - - 1 7
肺癌 - - - - - - 1 7
肝癌 - - - - - - 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 45 29.56 82.87
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
- 11 20.64 71.82 18.18

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - -


消化器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 324 1.05 2.22 65.95
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 1.86 11.82 67.91
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 0.90 2.38 62.14
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 11 1 9.82 76.18
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - -


循環器内科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K596 体外ペースメーキング術 - - - -


外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 202 0.10 1.71 65.26
K6335 鼠径ヘルニア手術 27 1.44 5.07 67.93
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 21 1.43 4.52 58.10
K617-5 内視鏡下下肢静脈瘤不全穿通枝切離術 - - - -
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) - - - -


整形外科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0761 観血的関節授動術 48 1.02 5.67 58.35
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 21 1.10 20.86 0.45 71.33
K0821 人工関節置換術 17 1.94 32.18 5.88 75.65
K0462 骨折観血的手術 13 2.31 11.08 45.46
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 13 3.62 21.62 70.15


皮膚科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 18 0 1 58.67
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 13 0 1 53.15
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 11 0 1.64 56.55
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - - -
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - -


泌尿器科


Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 59 0.12 1.19 57.34
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 16 1.31 4.38 63.31
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 11 1.18 7.82 75.82
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - - - -
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - -

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

更新履歴


2018年9月18日更新